学校・法人・団体向けオーストラリア・ニュージーランド旅行のエキスパート
「KIEオセアニア」がお届けする情報サイト

【NZ】南島視察レポートその②マウントクック


今年4月の大雨による影響でしばらく閉鎖されていたフッカーバレーのハイキングコースがようやく再オープンとなりました!

当日は晴天に恵まれ、標高3724mのニュージーランド最高峰マウントクックの雄姿を存分に堪能することができました。こんなに長い間山頂が拝めるのは非常に珍しいことだそうです。

<フッカーバレートラック入り口にある看板>

往復3時間と書いてありますが、これはおそらく身長180cm超えの方がさくさく歩いた場合の所要時間だと思われます。(苦笑)

半日コースはホテルからここまで車による送迎がありますが、一日コースはホテルからマウントクックを眺めながらここまで歩きます。

歩き始めてすぐ左手に見えてくるのが、ミューラー氷河と標高3151mのマウントセフトン。展望台で耳を澄ませば、谷間に氷河が崩れる音が聞こえてきます。とてもダイナミックな風景です。

<ミューラー氷河とマウントセフトン>

そして、再オープンとなった憧れの第一吊橋を渡ります!

第一吊橋を渡ってほどなくすると第二吊橋が見えてきます。

<第二吊橋>

第二吊橋を渡ると見えてくるのが、マウントクック!絶景ポイントでしばしうっとり。。。

<絶景ポイント>

そして第三吊橋を目指します。大雨の影響で一部トラックが修理されたそうですが、言われないとわからないくらいきれいに整備されていました。

政府観光局のプロモーションでよく利用される風景がこちらです。

<第二吊橋から第三吊橋までの道>

しばらく歩くと第三吊橋に到着です。

<第3吊橋>

そしてついにフッカー氷河湖に到着です!

<フッカー氷河湖>

結構な量の氷が浮いていました。

 

フッカーバレーハイキングはマウントクック地区で最も人気のハイキングコースです。

半日コースは第二吊橋を超えた絶景ポイントで折り返し。1日コースは終点のフッカー氷河湖までの往復となります。

ハイキングコースはとても歩きやすく整備されており、通常歩行に問題のない方ならどなたにもご参加いただけるお勧めコースです。

3000m級の山々を目前にしながらのハイキングは、こんな簡単にこんな絶景を楽しんでよいのだろうか!?と、申し訳ない気持ちになるほどの素晴らしい体験でした。

Related posts

関連記事

ページトップに
戻る