学校・法人・団体向けオーストラリア・ニュージーランド旅行のエキスパート
「KIEオセアニア」がお届けする情報サイト

ヘンリー ディーン(シドニー)


■HENRY DEANE(HOTEL PALISADE内)

<概要>

ハーバーブリッジを一望できる贅沢なレストランのHENRY DEANEを紹介します。

<立地>

ミラーズポイントに位置しており、電車のサーキュラーキー駅からは約1.1km、バランガルーのワーフからも約1.1kmとやや市内中心部からは離れているが、レストランからの絶景はインスタ映え間違いなし!(残念ながらオペラハウスは見えません。)

ホテルの外観はレトロで割りと古め。こちらの4階、5階がHENRY DEANEのレストラン。

 

入り口を入るとレトロな感じのPUB。写真の左奥にエレベーターがあり、そこから4階にあがります。

4階のソファー席。カーテンで仕切ることができセミプライベートで使用可。ソファー席の隣には小さめのバー。

 

階段を上がってすぐ左手に景色の良いソファー席(The Flying Fox)。ただしこちらはハーバーブリッジとは反対側。

店内右側はガラス張りなので、開放感抜群。窓側であればどの席からでも景色が楽しめる。(5階席)

テラス側からハーバーブリッジが見えます。

 

雰囲気 まとめ:

レトロな雰囲気で眺めも良いが席は多くないので、少人数の親しいグループで来るのが良さそう。カジュアルすぎず、高級すぎず、ソファー席は小規模の合コンにも使えそうな雰囲気でした。

<食事>

メニューは皮製
Scallop in half shell:ホタテのしょうゆ焼きのようなさっぱりした味で日本人向け。
Smokey eel croquettes:クリームコロッケの中に鰻が混ざっている感じ。若干魚くささを感じたが衣はさくさく。
Kokoda:ココナッツ風味だがそれほど強くないので魚の味をじゃましない。こちらは魚くささは全くなく、さっぱり。
Grilled lamb cutlets:肉の臭みもなく、柔らかかった。大きすぎず2人でのシェアにちょうど良い。
Peanut butter and chocolate cheesecake with salted pretzels:ラズベリーソースは甘酸っぱく、チーズケーキは少し甘ったるい感じでマシュマロやグミも乗っていて日本とは違った外国っぽいスイーツ。

食事 まとめ:

少人数でのシェア向き。味は大体がさっぱりしていて日本人にも抵抗なく受入れられそう。

良い点: ハーバーブリッジを一望できるロケーション。カジュアルでも行けるのに上品な雰囲気。

悪い点:   アクセス(駅や他の観光施設から遠い)

<基本情報>

住所:35 BETTINGTON ST, MILLERS POINT

営業時間:

Lunch  :(月曜~金曜日)12~15:00(金曜~日曜日)12~16:00

Dinner:(月曜~木曜日)17~22:00(金曜、土曜日)17:30~22:00

(日曜日)17:30~21:00

URL:http://hotelpalisade.com.au/henrydeane/

※情報は2018年7月現在のものとなり、予告なく変更になる場合がございます。

※当レストランは契約店ではございませんので、弊社にて予約を承る場合は別途手数料が発生致します。

 

Related posts

関連記事

ページトップに
戻る