学校・法人・団体向けオーストラリア・ニュージーランド旅行のエキスパート
「KIEオセアニア」がお届けする情報サイト

ステーキ ハウスと夜景スポット ツアー視察(シドニー)


ステーキハウスと夜景スポットツアーインスペクションレポート

催行日 2018年10月16日

スケジュール

19:00     King Street Wharf発(バス)

19:30     ローカルパブThe Great Northern Hotel着、夕食

21:05     The Great Northern Hotel発

21:20     Milsons Point着、夜景鑑賞

21:30     Milsons Point発

21:40     McMahons Point着、夜景鑑賞

21:50     McMahons Point発

22:05     Town Hall station着

 

<レポート>

ステーハウスと夜景スポットツアーは、10月1日から『ローカルビールの飲み比べ』を追加したので、その下見を兼ねてインスペクションに行きました。今回のインスペクションは計40名の参加者がいましたが、通常は2~4名、多くて10名程度の少人数での催行が多いとのこと。今回はインスペクションの為、より多くの情報を説明したいとのことで約30分の移動時間でしたが、通常は15分程度で目的地のパブに到着します。移動中はバス車内でガイドさんからオーストラリアのパブ文化、ビールについての知識、到着後に体験するバーベキューに関しての説明がありました。

店内は広々としており、ビリヤード台で遊ぶスペースもあります。平日にも関わらず、アルコールだけを飲みに来ている人、バーベキューディナーを楽しむローカルの客で賑わっておりました。

  

用意されたテーブルに到着すると、すでにバーベキュー用のお肉(ランプとサーロイン)が用意されていました。本来であればパブの中にブッチャー(所謂お肉屋)があり、そこで好きな肉を選んで購入するようです。

ツアーにはドリンク一杯が含まれており、ビール、ワイン、ソフトドリンクから選べるようになっています。今回新たにツアーで紹介することになったビールの飲み比べセットが下の写真です。

飲み比べセットは5種類のビールを200mlずつ、計1000ℓで提供されます。飲み比べセットを頼みたい場合はツアーに含まれる2名分のドリンクで飲み比べセット1つの提供に変更ができます。1名のお客様が飲み比べセットにしたい場合は追加で($10~$15)を支払えば、ご提供可能とのこと。

  

バーベキュースペースは店内に一箇所のみとなっています。(下記写真参照)

お肉を焼く人が一時的に多い時間もあるようなのでタイミングを見て焼きに行く必要がありそうです。ローカルの方は肉を焼いている最中には横にあるバーカウンターで好きなお酒を購入し、お酒を飲みながら焼いている様子でした。

肉の焼き加減はガイドさんが丁寧に教えてくれるので、安心です。

グリルの横には様々なソースが用意されています。ペーストのマスタードから、粒マスタード、ガーリックソース、バーベキューソース、西洋わさびなどもあり、好みの味付けで召し上がれます。

  

お肉が焼けたら、付け合せにサラダバーから好きなサラダを選んで盛り付けます。しっかりと好みの焼き加減で焼いたお肉はジューシーで美味しくいただけました。

まさにオージービーフを食べたという感じ。食事にはフライドポテトも付いているので、お腹も一杯。

約1時間半のパブ滞在を終え、お店を後にしました。通常は約1時間15分の滞在とのこと。

パブを出た後に向かうのはミルソンズポイント。移動時にオーストラリアの夜景に関しての説明があり、到着後にはシドニーの息を呑むほど綺麗な夜景が待っていました。

夜景ポイントはハーバーブリッジの袂にある、ミルソンズポイントとハーバーブリッジを真正面から見ることが出来るマクマホーンズポイントの2箇所あり、それぞれハーバーブリッジとオペラハウス、シドニー市内の夜景を違う角度から楽しむことができました。

  

<まとめ>

地元民にも人気のグレートノーザンホテルパブは自分でお肉を焼いたり、パブでお酒の注文ができること、またシドニー湾の綺麗な夜景スポットに訪れることができ、そこに住んでいる方と同じ、ローカル体験が出来ることが魅力と感じました。バス車内ではガイドさんがオーストラリアの文化や生活について豊富な知識で話をされており、とても楽しい時間でした。スケジュールについては長すぎず、短すぎずで適度なスケジュールでそれも良かったポイントでした。

夜景も通常では行かない場所に行く為、ツアー内容は非常に充実しているツアーだが、この良さを言葉では表すことが出来ないのが、難点。又、お肉もせっかくオーストラリアに来ているのに、ランプとサーロインだけではく、アップグレードプランでフィレ肉や骨付きのリブアイが選べれたら、更に良いのでは。

 

Related posts

関連記事

ページトップに
戻る