学校・法人・団体向けオーストラリア・ニュージーランド旅行のエキスパート
「KIEオセアニア」がお届けする情報サイト

7 ケアンズ マラソン


7 ケアンズ マラソン

今年初開催のケアンズマラソン、全参加人数は約2,400名(日本人参加者は約50名)。

毎年恒例となっているトライアスロン アイアンマンレースで使用されているケアンズ市内から空港周辺のコースで、数あるアイアンマンレースの中で世界一位に選出されたマラソンコース。

コース自体は平坦コースなので、ベストタイムが出しやすく、自然に囲まれた熱帯雨林の国立公園ボタニックガーデンを通り、海岸線が続くエスプラネードでは応援する人々の声に励まされる機会も多く、頑張れたと言う声も多く上がったようです。

そして、この第一回大会では、男女共に日本人選手が一位となり、男子は3位にも日本人が入賞という素晴らしい結果を出してくれました。

【男子】

1位 池上 秀志(いけがみ ひでゆき)選手 埼玉県出身 (アミノサウルスのスポンサー プロ選手)

3位 崎本 晃次(さきもと こうじ)選手 大阪府出身

(シドニー・ゴールドコーストマラソンにも参加経験あり / 同上 )

【女子】

1位 吉原 あかね(Goode)選手

天候はあいにく雨模様でしたが、大会自体は大いに盛り上がり、来年以降は参加者も増えることが予想されます。

 

Related posts

関連記事

ページトップに
戻る