学校・法人・団体向けオーストラリア・ニュージーランド旅行のエキスパート
「KIEオセアニア」がお届けする情報サイト

日本の練習艦隊がシドニーに寄港


9月12日、海上自衛隊約600人を乗せたれ練習艦隊「かしま」(約415名の乗員)と護衛艦「いなずま」(約185名の乗員)の2隻が遠洋練習航海のため、シドニーのウルムル地区にある海軍基地(ガーデンアイランド)に寄港しました。

今回の幹部候補は約180名。テクノロジーが進んでいる現在でも船の荷物の積込は全て人。

全員が整列をして荷物を運んでいる姿はまさに“人間ベルトコンベア”。

練習艦隊のツアーを取り扱ったのは2014年ぶり。今まではホテルやオプショナルツアーの手配だけでしたが、今年は艦長用の専用車から、全ての地上手配を任されました。

今年はマラソンを含めたスポーツ交流(他柔道、剣道)と9月16日にマーティンプレースで行われた豪州海軍バンドとの合同コンサートが目玉でした。海上自衛隊の歌姫と呼ばれ日本でも人気の高いボーカリストである三宅由佳里さんも出演し、和太鼓の演奏もあり、非常に盛り上がりました。今年は停泊が6泊と通常より長かったので、VAUCLUSEにあるPARSLEY BAY RESERVEでのボランティアをしたり、幹部候補を連れてキャンベラへ一日訪問したりと非常に内容が濃い訪問でした。

9月18日

大雨の中無事シドニーを出航しました。この後艦はパプアニューギニア独立国のラパウルとパラオ共和国のコロールを訪れ、日本帰航は10月24日の予定。

©2019 Kintetsu International Express (Oceania)

下記のURLにもたくさんの写真がございます。

https://www.mod.go.jp/msdf/operation/training/enyo/2019/

 

 

Related posts

関連記事

ページトップに
戻る