学校・法人・団体向けオーストラリア・ニュージーランド旅行のエキスパート
「KIEオセアニア」がお届けする情報サイト

ブリッジクライム シドニー 日本語ツアー


BridgeClimb Sydney に新しく設定された日本語クライムに参加して参りました。

<日本語クライム SUMMIT EXPRESS JAPANESE 2.5 HOURS>

チェックイン 14:20
入口すぐのところにチェックインカウンターがあります。日本語クライムは専属ガイドがチェックインを日本語でお手伝いします。

集合・オリエンテーション 14:30
階段で2階に上がり、グループ全員が集合します。実際にブリッジを上り始めるまでいくつかのステップがあります。

1 同意書記入
同意書は日本語で書かれています。必要事項を裏表に記入します。

2 アルコール度数チェック
0.05%以上のアルコールが検出された場合はクライムに参加ができません。スタッフがアルコール度数をチェックする機械を持って一人ずつ検査します。
検査は「1・2・3・4・5」と機械に向かって数えるだけです。
 

3 ユニフォーム受け取り
スタッフからユニフォームを受け取ります。サイズはベテランスタッフがぴったり合うものを判断してくれるので申し出する必要もありません。

靴と靴下の貸し出しもあるので、サンダルやヒールで来ても安心です。ユニフォームのロゴが新しくなりました。
 

4 着替え・荷物をロッカーに預ける
更衣室はカーテンによって仕切られていますが、今後壁の仕切りを設置するとのことです。男女は共用です。
着替えが終わったら携帯電話、腕時計、財布など全てのものをロッカーに預けます。眼鏡・サングラスは落ちないようにユニフォームと固定します。鍵は首にかけてユニフォームの中にしまいます。
金属探知機をくぐって危険物を持ち込んでいないか確認します。その後、その日のガイドの紹介があります。この日は参加者もそれぞれ自己紹介をしました。
 

5 ハーネス・帽子・ハンカチ・防寒用ジャケット・ラジオの装着
ハーネスの装着の様子
スタッフが多少手伝ってくれますが、ほとんどの作業は自分で行います。ガイドが日本語で説明してくれたのは非常によかったと思える点です。
 

帽子やハンカチはユニフォームに繋げるので落ちる心配はありません。帽子は終わったあとに思い出の品として持ち帰ることができます。
防寒用ジャケットは天候によってガイドの判断で装着の有無が決められますので、装着しない場合もあります。
ラジオはガイドさんの説明を聞くために重要な器具です。ボリュームの調節方法も丁寧に日本語で説明してくれます。
 

クライムスタート

ここまでの準備ができたらいよいよブリッジクライムのスタートです。安全のため、装着したハーネスとワイヤーを繋いで歩きます。

橋の頂上までスポットごとに止まってガイドが説明をしてくれます。
説明の内容は主にブリッジにまつわるエピソードが多くありましたが、オペラハウスの説明やフォートデニソン島にまつわる歴史の話など、見える景色によって多くのエピソードを聞くことができます。
大きな岩がいくつも重なって造られていて、ヒーリングパワーがあると言われているそうです。内側から岩に触れることができます。パワースポット!
歩く道幅が狭かったり、頭上に気をつけて前かがみになりながら進んだり、傾斜の急なところもありましたが、全体的には階段を上る部分は緩やかで、要所要所で止まるので休憩も多く、息が上がるほどではありませんでした。

© BridgeClimb Sydney

写真を3か所で撮影してくれます。
 

頂上でプロポーズなども演出してくれます。これまでにほとんどのカップルはYESだったそうですが、1カップルだけNOだったことがあったそうで、下りが気まずかったというエピソードも。
頂上での景色を堪能したあとは、夕日を見ながら下ります。上り始めたときよりも日の位置が低く、季節によっては夕焼けも綺麗にみられるかもしれません。
ルナパークの建設にまつわるエピソードを聞けたり、ロックスを上から眺めることができたり、下りも飽きることなく盛沢山でした。

クライム終了   17:00
腕時計や携帯は持ち込み禁止でしたので、時間を把握できませんでしたが、2時間半のクライムなので、終了は17:00想定です。
更衣室で着替えたあとは写真の受け取り、追加注文をします。

グループ全員写真と達成証明書は無料で含まれています。

グループ写真持ち帰り用         達成証明書(名前入り)
 
その他は有料です。

お土産店

クライムが終わったあと、お土産店を覗いてみました。お土産としても喜ばれるTシャツの種類も充実しています。

 

ウォーターボトル           マグネットやポストカード
 

ノートパッド             写真フレーム・ぬいぐるみ
 

シドニーのシンボルの一つ、ハーバーブリッジ。
運動好きでアクティブなハネムーンのカップルや、ファミリーはもちろん、シドニーに来たことがある方でも、これまでに見たことのない景色が楽しめるアクティビティだと感じました。
時間によって様々なシドニーの顔を見ることができるのもこのツアーの魅力です。「一生に一度の旅先での一生に一度の思い出作り」にはぴったりだと思いました。
以上、簡単ではありますが、BridgeClimb Sydneyのレポートとさせていただきます。
©2019 Kintetsu International Express (Oceania)

Related posts

関連記事

ページトップに
戻る