学校・法人・団体向けオーストラリア・ニュージーランド旅行のエキスパート
「KIEオセアニア」がお届けする情報サイト

キュランダ観光(ケアンズ)


世界遺産 キュランダ熱帯雨林


 ©Kuranda Scenic Railway


 ©Skyrail Rainforest Cableway

ケアンズ観光には外せない世界遺産・キュランダ熱帯雨林!

氷河期をも乗り越え、1億3000万年もの間、美しくそして逞しく生き続けてきた世界最古の自然は、「The Wet Tropics of Queensland (クイーンズランド州の湿潤熱帯地域)」として1988年に世界遺産に登録されました。 今回は世界遺産・キュランダ熱帯雨林の魅力をたっぷりご紹介します!

往路: Skyrail Rainforest Cableway
Smith Field Terminal -> Red Peak -> Barron Falls -> Kuranda Terminal

復路: Kuranda Scenic Railway
Kuranda Station -> Barron Falls Station -> Freshwater Station -> Cairns Station

※このレポートはプライベートで訪れたときのものです。どきどきツアーズ社のツアー内容とは異なります。 どきどきツアーズ社のツアー内容はこちら
https://kintetsu.net.au/au_activity/tkt-cns026-061/

Skyrail Rainforest Cableway 

Smithfield Terminal

今回はスミスフィールド・ターミナルから出発です。

スカイレールに乗る前にぜひ忘れないでいただきたいのがアプリのダウンロードです。昨年、日本語対応のアプリがリリースされました!このアプリでスカイレールの旅のおもしろみが倍増します!
アプリの“ブログ”にはキュランダ熱帯雨林の情報が載っています。言語も日本語ですので、事前にダウンロードしてキュランダについてを予習してから行くのもまたおすすめです。

施設全域でフリーWi-Fiが設備されているので、到着後にダウンロードすることもできます。また、ツアー中、GPSに繋げておく必要があるので、アプリの入ったデバイスをフリーWi-Fiに繋げるのも忘れずに!

事前準備ができたらいよいよスカイレールに乗り込みます!

ゴンドラは一台につき最大6名まで乗り込めます。6名以上のグループの場合は分かれてゴンドラに乗るようになります。

ゴンドラの進むスピードで風が入り込むので外の気温が高くても快適です。

ダウンロードしたアプリを起動しておくと、GPSに沿って自動でオーディオナビが始まります。見ている景色、キュランダに生息する植物や生物の解説、キュランダの歴史など多くのことを学べます!

進行方向には青々とした山、後ろを振り返るとグレート・バリアリーフの海が広がる贅沢な絶景です!両方が見えるのはこの区間(スミスフィールド駅~レッド・ピーク駅)だけなので、しっかり撮影準備をしておきましょう!

Red Peak 

最初の停留所はレッド・ピーク駅です。

キュランダ熱帯雨林には約3693種類もの動植物が住んでいます。

そのうちの923種類もの動植物は、ここ、キュランダ湿潤熱帯雨林でしか見ることができません。絶滅危惧種も含め、非常に希少な動植物たちにとっての大切な住処となっています。

レッド・ピーク駅では熱帯雨林の中を歩けるボードウォークがあり、これらの動植物を近くで見ることができます。アプリを使うとARでユリシスやエミューが画面上に現れます。また、レンジャーによるガイドツアーもあります。言語は英語ですが無料ですので気になる方はぜひ参加されてみてください。

 

Barron Falls

レッド・ピーク駅を出発し、 バロン・フォールズ駅に近づくにつれて滝が見えてきます。
こちらがバロン滝です。
次の停留所では滝を近くから 見るルックアウトがあります。

停留所バロン・フォールズ駅で降車します。

この日はそれまでに雨があまり降っていなかったようで、写真や広告で見て想像していた滝よりも、か細く繊細でした。雨期は12月~3月ですが、天候ばかりは運任せですね。

水量が少なくても、水の力で削られたごっつい岩が顔を出すので見ごたえのある景色です!

運よく雨が続くとこの滝の水量が多くなるので、迫力満点の豪快な滝の景色を見ることができます!

滝を見る場所は日影が少なく直射日光で非常に暑かったので、日傘や帽子等お持ちいただくとよいかと思います。

バロン・フォールズ駅には熱帯雨林のことを学べるCSIROセンターがあります。キュランダに住んでいる動植物のことをもっと知ることができます。日本語での説明もあるので安心です!ぜひお立ち寄りください。

Barron Falls – Kuranda Terminal 

バロン・フォールズから終着点キュランダ・ターミナルまでの間にバロン川の景色を見ることができます。バロン川にはワニも住んでいるので、よく目を凝らして探してみてくださいね!

終着点キュランダ・ターミナルにはおみやげなどを購入できるショップがあります。また、ゴンドラを降りる直前に撮影された写真もこちらで購入できます。

Smithfield

Terminal

Kuranda

Terminal

始発 09:00 10:00
最終(片道) 14:45 15:45
最終(往復) 14:30 13:30
Map Smithfield Terminal
所要時間 片道 1時間30分

往復 2時間30分

定休日 日曜、12月25日 

(その他メンテナンス日あり)

KIE Staffの一言感想★

アプリは必須です!

アプリのおかげで終始、非常に充実したツアーになりました!アプリ内で紹介のあった木登りカンガルーや幸せの青い蝶ユリシスなどは残念ながら今回は見つけることができませんでしたが、ゴンドラ内で誰が一番早く見つけられるかを競い合ったりして乗車中も楽しめました。

日本語も全く問題なく、オーディオのスピードもちょうどよく、聞き取りやすい音声でした。

レッド・ピーク駅での探索は植物を間近で見れるのでおすすめです。木々は太陽の光を浴びるために上へ上へと成長の競争を続けているので、強く逞しく感じ、まさにパワースポットでした!

展望台からは一面に広がる青々とした山々の絶景を眺めることができます。胸いっぱいに新鮮な空気を入れたくなるほど空気も澄んでいて、とても気持ちがよかったです。

バロン・フォールズ駅から見えるバロン滝は圧巻です!水量がなくても目の前に広がる景色はまさに自然が作った芸術です。CSIROセンターにはお子様も学べるツールがたくさんあるので、こちらも必見です。

Kuranda Village 

スカイレールでキュランダ村に到着後はキュランダ・マーケットやレストラン、コアラパークなどがあるキュランダ村を散策してみましょう。
キュランダ村は約2~3時間ほどあると余裕を持って散策できます。

©Kuranda Market

スカイレールとキュランダ列車の乗継時間が短い方は「Kuranda Hotel(キュランダ・ホテル)」というターミナル目の前にあるパブで少し休憩するのがおすすめです!フィッシュ&チップスやオージービーフバーガーなどのフードメニューもあります。

Hemingway(ヘミングウェイ)というビールはポート・ダグラスとケアンズにブルワリーのあるローカルビールです。ビール好きな方はぜひ色んな種類を試してみてはいかがでしょうか。

 

Kuranda Scenic Railway 

Kuranda Station

キュランダ村の散策を終えたら、帰りはキュランダ鉄道で!
キュランダ鉄道はバロン渓谷国立公園の絶景を車窓から楽しめる観光列車で、130年以上もの歴史を持ち、ケアンズ観光を代表する観光アトラクションです。

1886年に始められた鉄道工事は5年もの歳月を要し、1891年にキュランダとケアンズ間を結ぶ鉄道が開通されました。

開通から45年後の1936年に初めて観光列車として運行されて以来、世界中からの観光客を運び続けてきました。

駅や列車は歴史を感じさせてくれるレトロ感満載です!

キュランダ駅からケアンズまでの間には、55の橋、98のカーブ、そして15のトンネルを通過します。トンネルは全て人々の手によって掘られたものです。通り過ぎる際はぜひ細部まで見てみてくださいね。

Barron Falls 

バロン滝です!
スカイレールから見えた景色を反対側から見ることができます。
また、乗っている車両によっては滝と列車を一緒に撮ることもできます。

列車はバロン・フォールズ駅で10分間ほど停車します。その間、列車から降り、滝に近づいて写真撮影などができます。
乗り遅れないように時間にはお気を付けください。

Stony Creek Falls 

列車が緑いっぱいの山の中を進んでいくと、Stony Creek Falls(ストーニー・クリーク滝)を目の前で見ることができます。

こちらも、バロン滝同様、雨量が多いと滝の迫力も増します!ここはカーブでもあるため、列車はゆっくり進みます。線路がカーブになっていることで、列車の前方または後方を写真に収めることのできるシャッターチャンスでもあります。

KIE Staffの一言感想★

歴史あるキュランダ鉄道は駅も列車もインテリアがレトロで可愛らしく、どこか懐かしいような、ロマンを感じられます。

車窓からの景色はスカイレールとは違った景色を楽しめるので、ケアンズ・キュランダ間の往路・復路でスカイレールとキュランダ鉄道の両方を体験することをおすすめします!

今回はヘリテージ・クラスの車両でした。4人掛けのシートが向き合っているタイプで、8人ボックスです。シートの座り心地が良く快適でした。次回はドリンクやフードのサービスがあるゴールド・クラスに乗ってみたいなと思いました。

車内アナウンスでキュランダ鉄道の歴史やエピソードなどが流れます(車両によって言語が異なります)。景色を楽しみながら学べるツアーです!

Heritage Class
Gold Class
 ©Kuranda Scenic Railway

往路 1便 2便
ケアンズ駅 08:30 09:30
フレッシュウオーター駅 08:55 09:55
キュランダ駅 10:25 11:25
復路 1便 2便
キュランダ駅 14:00 15:30
フレッシュウオーター駅 15:32 17:02
ケアンズ駅 15:55 17:25
Map Cairns Station

Freshwater Station 

所要時間 ケアンズ駅~キュランダ駅 1時間55分

フレッシュウォーター駅~キュランダ駅 1時間30分

定休日 12月25日 (その他メンテナンス日あり)

(2020年01月視察)

© 2020 Kintetsu International Express (Oceania) Pty Ltd

 

Related posts

関連記事

ページトップに
戻る