学校・法人・団体向けオーストラリア・ニュージーランド旅行のエキスパート
「KIEオセアニア」がお届けする情報サイト

2019年10月1日よりニュージーランドの観光ビザが変更となります


2019年10月1日より、New Zealand Electronic Travel Authority(NZeTA)という新しい電子入国許可証が必要となりました。

日本など一時滞在ビザ免除対象国発行のパスポートを所持している方は2019年10月1日以降、ニュージーランドへ入国、またはオークランド国際空港にて乗継をする場合、NZeTAの申請および、取得が必要となります。NZeTAの審査時間は72時間以内ので、必ず出発前にNZeTAを取得してください。

NZeTAはニュージーランド移民局のアプリまたは移民局のウェブサイトで申請する事ができます。モバイルアプリを使用する場合、NZeTAの申請費用はNZD$9です。

また、ウェブサイトを使用する場合、NZeTAの申請費用はNZD$12です。
なお、NZeTAを申請する際に、渡航者1人当たりNZD$35の観光税(International Visitor Conservation and Tourism Levy:IVL)をお支払いする必要があります。ただし、オークランド国際空港にて乗継をする場合、観光税をお支払いする必要はありません。

また、NZeTAを取得後、2年間有効となり、有効期限内であれば、NZeTAを再度申請する必要はございません。

申請にかかる時間は約10分ほどですが、認証・発行まで最大で72時間かかる場合もございます。
時間に余裕を持って申請する必要がございます。

下記ニュージーランド移民局のウェブサイトからNZeTAを申請するこができます。
https://www.immigration.govt.nz/new-zealand-visas/apply-for-a-visa/about-visa/nzeta

また、スマートフォン用アプリの場合は下記からアプリケーションをダウンロードできます。
iPhone(Apple Store): https://apps.apple.com/jp/app/nzeta/id1470900142?ign-mpt=uo%3D4
アンドロイド(Google Play): https://play.google.com/store/apps/details?id=nz.govt.mbie.eta

Related posts

関連記事

ページトップに
戻る