学校・法人・団体向けオーストラリア・ニュージーランド旅行のエキスパート
「KIEオセアニア」がお届けする情報サイト

ホットエアーバルーニング!ケアンズ熱気球体験


ホットエアーバルーニング!ケアンズ熱気球体験

ケアンズで熱気球ツアーに参加して参りました。

当日はHOT AIR BALLOONの日本人営業担当者、トニー・シマ氏にもご同行いただきました。

実は、熱気球に対して少し不安を抱きながら参加しましたが、想像よりも安全でとても楽しく、素晴らしい体験になりました。

 

朝の4:00にケアンズ市内を出発し、バスで約1時間の郊外にて熱気球体験を行います。

英語のツアーですが、移動バスの車内では日本語の案内ビデオも流れますので、日本の方も安心です。

到着時、ちょうど3種の気球を膨らしているところでした。

カンガルー、オーストラリアと書かれた気球に加え、一番高額なのは世界地図の模様のもの、とのこと。

オーストラリアの熱気球の安全性が高い理由として、操縦士は飛行機のパイロットと同じように国家資格を取得する必要があり、また安全基準も同様に政府が定める厳しい基準をクリアした上で催行しています。

ちなみに気球には飛行機と同じように機体番号もそれぞれに印字されています。

気球に乗る際は一人ずつ、籠の側面に足掛けステップがあるのでそこから乗り込みます。

計24名+1操縦士が乗れるとのこと。ガスはプロパンガスを使い、確か家庭で使う3ヶ月分くらいのガスを一回で消費するそうです。

籠に乗ったあとは、この火がとにかく熱いので背の高い方は注意。

 

 

離陸は本当に飛んだかどうかわからないくらい、静かに浮上していきます。

この日はあまり天候がよくなかったものの、逆に雲海のような雲がきれいに出来ていてその上を空中散歩しているような気分になれる素晴らしい景色でした。

また霧が晴れたあとは、あたりに広がるのどかな景色が眺められ、ワラビーが飛び跳ねる様子も上から見ることができました。

気球乗船中に3回、参加者全員で写真を撮ってもらえます。気球にあらかじめセットされたカメラに向かってポーズをとります。この写真がほしい方は後日ネット購入できるとのこと。

着陸時の想像より遥かに静かなもので、ほぼ衝撃もなくゆっくりとランディングしました。

籠の内部もふかふかなクッション素材で覆われているので、衝撃もあまり感じないようになっています。

30分の気球体験を終え、バスまで戻る最中には変なトラックにワイルドに乗ってバスまで移動します。ちょっとしたことですが、皆楽しそうにこのトラックに乗っていました。

 

気球体験は30分と60分がありますが、30分でも十分楽しめますし、ちょうど良い時間だと思いました。

正直なところ朝4:00出発に対して少し抵抗がありましたが、「何時に起きても眠いものは眠い」というシマさんからのポジティブな言葉に背中を後押しされて参加してみた結果、とても良かったと思えるオプション体験でした。

皆様もぜひ機会ございましたら体験してみてください。

 

Related posts

関連記事

ページトップに
戻る